10cmUPのシークレットシューズってどうなの?

10cm身長UPのシークレットシューズの効果とそのリスクについての考察です。

165cm の身長が175cmに?

普通のシークレットシューズは、
5センチから8センチのUPのものが主流です。
これは、技術的な問題というより、履きやすさ、歩きやすさの
問題がネックになっていると言えます。

単純にいうと、10センチのものは、
1、歩きにくい
2、不自然に見える

という2つのネックがあるのです。
しかし、最近では、
技術の進歩によって、自然に見えるものも
増えてきているようです。
最も、バレるリスクでびくびくするよりは、
5センチUPの標準的なシークレットシューズが気楽でおすすめです。
10センチのものはインソールが不自然に高くなっているので、
ズボンの裾などで隠す必要がでてきます。
それと最も問題なのは、居酒屋等で脱ぐときでしょう。
ロッカーがあるところならば、ササッとロッカーにしまう、
という手もありますが、脱ぎっぱなしの所はそうはいきません。
ばれるかも知れない、などと、いらぬ心配をしながら
飲むお酒は決して美味しいものではありません。
5センチUP程度にとどめておいて、あとは、脚長ジーンズや
シャツ、スーツの柄などの視覚的な効果を使う方が賢いと言えるでしょう。


 
▲ページの一番上へ戻る